読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

台湾2000元

訳あって台湾で予算2000元以内のホテル探しと旅の備忘録、細かすぎて伝わらない現地生活ネタ。

JASONSで見つけたかわいい離乳食

先日高雄のデパ地下にあるJASONSに行った時に、ベビーフードコーナーでかわいいパッケージの離乳食を発見しました。

f:id:dageho:20170522040222j:plain

ポリッジって何?

「ポリッジfor赤ちゃん」と日本語で書いてあるので、日本のものかと思いましたが、台湾産の離乳食でした。

Wikipediaで確認したところ、ポリッジというのはオートミールで作るお粥のことだそうです。でも原材料を確認したところ、こちらの商品にはオートミールは使われておらず、お米ベースのお粥のようです。

 

台湾では珍しいレトルト離乳食

台湾で売っている離乳食は多くが輸入品なのですが、こちらは国内生産の上に保存・調理・持ち歩きに便利なレトルトパウチ容器。

その名も寶寶粥(ベビー粥)という商品名で、ポーク・チキン・かぼちゃ・ホタテの4種類とミックスパックがあり、7個入りで390〜420元。ミックスが16個入りで888元。つまり一食55〜60元。試してみたいな〜と思いつつそっと棚に戻しました。

60元あったら控肉便當(豚角煮弁当)が食べられるよ……。

 

同じ棚にあった、日本から輸入販売しているレトルト離乳食が一食70元くらいしていました。日本で買うと100円前後の商品がだいたい250円くらいになっています。こちらは輸入価格なので仕方ないとして、ベビーの一食に60元。もし食べなかったどうしよう?とも思ってしまいます。

ただ、こちらの商品は一袋の重量が150g。日本のレトルトは大抵80gなので、ずいぶん多いです。少なくとも離乳食初期の量ではないので、お粥だけど離乳食中期以降の月齢が対象なのかな。重量比で考えたらそう高くないのかも?

日本と台湾では離乳食の内容も異なるため、単純比較はできないようです。

 

価格に見合う品質かもしれない

↓こちらの寶寶粥の企業サイトを見てみたところ、医師の監修している健康志向の高いブランドのようです。

農純鄉官方網站 - 滴雞精 媽媽茶 寶寶粥

純天然・無添加で、緑黄色野菜・台湾の契約農家で作られた安心なお米・優良なタンパク質で栄養バランスを考え、各種認定を受けた工場で作られた製品とのこと。

JASONSは比較的高級なスーパーなので、こういう商品を扱っているのは納得です。台湾のママさんたちと話すと健康志向が強い方が多く、働く女性が多いので、もしかしたら高くても売れているのかもしれません。

 

赤ちゃんと一緒の旅は離乳食問題が悩み

私は離乳食は完全に日本式でやっており、基本的に手作り、旅行の時だけ日本でまとめ買いしたり送ってもらった離乳食(フリーズドライタイプ)を使用しているのですが、そろそろフリーズドライタイプではボリュームが足りなくなってきているのが悩みどころです。

レトルトは重いので、送料や手間を考えると、お手頃価格ではないですがこちらの商品も検討してもいいかも。日本で100円で買えるものを250円で買うのはどうも抵抗がありますが、最初から60元なら。うーん。

もう少ししたら、そろそろ大人の食事からの取り分けもできそうな気もしますが。

台湾の赤ちゃんたちは旅行の時どうしているのか気になります。

【台中】福容大飯店 麗寶樂園

私が実際に泊まったホテルについての感想と旅行記を書いています。

【2017年冬宿泊・0歳7ヶ月】

台中(后里)の「福容大飯店 麗寶樂園(フーロン ホテル リーパオ ランド/Fullon Hotel LihPao Land)」です。

f:id:dageho:20170502143004j:plain

f:id:dageho:20170430011125j:plainf:id:dageho:20170514012202j:plainf:id:dageho:20170514012219j:plain

⇒Hotels.comで見る ⇒Booking.comで見る

窓ガラスが黄色いのはフィルターをかけたわけではなく、元からこういう色なんです。外から見るとホテル全体がステンドグラスのようなデザインになっています。 

続きを読む

旅が終わって反省会

f:id:dageho:20170518170818j:plain

子連れ出張から帰宅しました。

今回泊まったホテル、とても良かったです!あとで時間のある時に旅行記を書きます。

帰宅後速攻で洗濯機を回して、忘れないうちに先に書いておこうと思ったのは今回の旅の反省事項。ものすごく大きな失敗はないものの、またやっちゃったー!ということもあり。

2000twd.hatenablog.com

出発前にこちらのリストをもとに荷造りしたのですが、月齢が上がって以前の旅と少々勝手が違ったりはあったものの、子供に関しては持ち物の問題はなかったです。

大人も持ち物は当日の朝準備したらいくつか足りないものがありました。帽子を忘れて取りに戻ったり。まあ結局どうにかなるんですが、やはりあった方が便利でした。

次回の旅にプラスしたいものリスト

リール付きパスケース

この手の、持ち手がバッグに取り付けられて伸び縮みするものです。 

ミドリ パスケース リール付き リボン柄 57428006

ミドリ パスケース リール付き リボン柄 57428006

 

二回連続で忘れましたが、これは特に手が塞がりやすい子連れだと絶対あった方がいいですね。

 

私の使っているiPhoneケースにはSuicaが入れられるのですが、悠遊卡(ヨウヨウカー/EASY CARD)を入れると台北MRTの改札では反応せず、いちいち取り出すのが大変でした。

今回は高雄に行ったので、普段使っている悠遊卡以外に一卡通(イーカートン/iPASS)を持って行きました。悠遊卡がSuicaだとすると一卡通はICOCAのようなものです。

最近になってようやく高雄MRTでも悠遊卡が使えるようになったのですが、優待内容も違うし使えない場所もありそうなので、なんとなく一卡通の方がいいかな〜と思いまして。

パスケースを忘れたのでダメ元でiPhoneケースのSuica収納部分に一卡通を入れたところ、高雄はMRTでもバスでも使えました。が、ポケットのない服を着ている時などバッグからiPhone出し入れするのが大変だったので、やはりあった方が楽です。

 

iPhone自体を首から下げられるケースも持っているのですが、子供を抱っこしていると邪魔になったりいじられたりで使えないんですよね……。

洗剤とスポンジ

離乳食の食器とストローマグは以前までは手洗いで済ませていたのですが、食べるもののが変わってきたせいもあって以前より洗うのが大変になったので、次回は持参したいです。今回は細かいところはホテルにあった歯ブラシで洗ったりしました。

油性マジックとマスキングテープ

マステはなにかと使えるので大抵持って行っているのですが、今回に限って忘れました。食べかけのスナック菓子の袋を閉じたり、上に文字を書いて付箋紙代わりにしたり、蚊に刺された時の痒み止めパッチとして使ったり、色々できます。

で、油性マジックもあると便利だなと思いました。ホテルの使い捨てスリッパに名前を書いたり。マステがあれば事足りるかな?

パス停リスト作成

これは物ではないですが、割と不自由したので。

台湾で旅行する時はGoogleマップと各交通機関のアプリを組み合わせて移動するのですが、台北に比べると他の地域のGoogleマップはまだあまりルート検索の精度がよくないですね。

高雄ではバス移動が便利なのですが、ホテル周辺のバス停と各路線の行き先を出発前にメモしておくべきでした。なんとなくは調べていたのですが、メモしていなかったのでいざとなると思い出せなくて。

 

以上、他にもあれば追記します。

【台北】宣美精品飯店(ビューティー ホテル シュアンメイ ブティック)

これから、私が実際に泊まったホテルを中心とした旅行記をちょこちょこと書いていこうと思います。

【2016年秋宿泊・0歳4ヶ月】

台北「宣美精品飯店(ビューティー ホテル シュアンメイ ブティック/Beauty Hotels - Hsuanmei Boutique)」です。

f:id:dageho:20170502142951j:plain 

⇒Hotels.comで見る ⇒Booking.comで見る

続きを読む

マンダリン オリエンタル 台北の妊婦・ママ向けメニュー

ブログの更新中にふと目に留まったこちらの特集。

CREA WEBの「マンダリン オリエンタル 台北」の妊婦向け・子連れママ向けメニューがすごい!という内容です。本当に至れり尽くせりのサービスでため息が出ます。

子連れ海外旅行について調べていると、子連れ台湾については割とよく出てくるのですが、ホテルで過ごすバカンスやシティリゾート系になると東南アジアやハワイが多く、台湾でのこういう記事って珍しいなと思って読み込んでしまいました。

crea.bunshun.jp

crea.bunshun.jp

台湾といえばマッサージが安くて有名ですが、観光客向けの足つぼマッサージ以外にもリラクゼーション・エステ系の高級スパも多く、いずれも日本に比べるとかなりお得な価格で施術を受けることができます。

 

私も去年まで妊婦でしたが、思い返すと妊婦って本当に心身ともに負担がかかることがすごく多くて、世間で言われるような幸せいっぱいな日々じゃ全然なくて、ひたすらつらい〜つらい〜〜癒しをください〜〜〜っていう日の方が多かった。でも妊婦ってやたらと行動制限・禁忌が多くて、食べ物飲み物もそうだし、今までお世話になっていたアロマやマッサージやらでのリラックスすらままならないんですよね。

そんな中、こちらは高級ホテル内で妊婦向けスパメニューが受けられるとのこと……天国じゃないの?……私も妊娠中に行っておけばよかったかな?と一瞬思いましたが、時すでに遅し。言うのはタダです。

 

旅行中の早産リスクを避けるためにも、日本から妊娠中に来るとしたら妊娠6ヶ月くらいまでにしておいた方が無難ですが、実際にその時リラックスするのもさることながら、こういう贅沢な経験を出産後も心の糧にすることって大事だなあと思います。

私はいわゆるマタ旅は手放しで賛同できない派ですが、医師に相談した上でこれくらいの時期に何度か飛行機に乗ったり台北に行ったりしていました。妊娠中に旅行に行くなら医療設備の整ったところはマストだと思います。台北は大病院がたくさんあるというのも安心ポイントですよね。 

 

子連れ台湾旅行が増えてきた理由として、日本から近くて治安がいいという以外に、子連れに対して(妊婦にも)社会が寛容ということもあるので、このようなサービスはいかにも台湾的だなあと思った次第です。 

とはいえ私にはあまり縁のなさそうな話ではありますが、普段こういうラグジュアリー系の記事も目にする機会がないので、こういう記事を読んで日常からちょっと離れたところに意識を飛ばすのもいいものですね。

f:id:dageho:20170513190500j:plain

⇒Hotels.comで見る ⇒Booking.comで見る

マンダリンオリエンタル台北の前で撮った写真です。

いつか泊まってみたい!!!

当ブログはリンクフリーです。掲載している文章・画像の他サイトへの無断転載はお断りします。